風呂の浄水器を購入する時のポイント

風呂の浄水器を購入する場合のポイントは、まずいは設置方式・タイプで選ぶ方法があります。

蛇口直結型と呼ばれる蛇口に取り付けるタイプのほか、据置型・アンダーシンク型・シャワー型などの種類があります。蛇口に直に取り付けるタイプのものは、シンク周りに設置スペースを必要とせずかさばらないのがメリットですが、その代わり交換頻度がやや高めであることを留意しましょう。据置型は、本体をキッチンシンク脇などに設置してろ過します。場所がかさばるのがデメリットですが、大型のフィルターが搭載可能であることから、ろ過能力が高いものもあります。

アンダーシンク型は、本体をキッチンの下に設置して風呂の浄水器とするものです。浄水性能は高いものの、取付工事が必要であり本体価格が高めであることがデメリットです。バス・シャワー型は、シャワーヘッドに取り付けるタイプのものです。このタイプのものには内部に炭酸の錠剤を挿入し、ヘッドスパが可能な製品もあります。こちらはお好みで選ぶと良いでしょう。

シャワーヘッドの内部は一般的に細菌が繁殖しにくい環境であるため比較的綺麗ですが、長時間使用しない場合においてはカートリッジを取り外しておいた方が無難です。風呂の浄水器や整水器のフィルターカートリッジについては消耗品であり、定期的な交換を必要とします。ランニングコストを考えながら比較して選んでいくのが一般的です。メーカーで選ぶ場合は、大手のものを購入するのが間違いないでしょう。予算なども考慮して、販売スタッフと話してみると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *