お風呂に浄水器をつけるとこんなメリットが!

浄水器というと、飲み水を浄水するのためにキッチンに設置するものを頭に思い浮かべます。

現在普及している家庭用浄水器はその多くが飲料水を浄化することを目的としたもので、浄水性能や設置方式、カートリッジの性能などの違いにより、形状も価格帯も様々なタイプがあります。けれども飲んだり料理に使用したりすること以外にも、水は生活の中で様々なシーンに関わってきます。中でもシャワーを浴びたり入浴したりといった、肌に直接触れるボディケアに使う量もかなりの部分を占めています。

現在は原因がよくわからないけれどアレルギー体質に悩んでいる人も多く、肌や髪などに直接触れる水にも気を配らなければならない人はけして少なくないと言われます。水道水に含まれる滅菌用の残留塩素などの薬品が、ダメージを受けやすい肌や髪にはトラブルの原因となる事もあるため特に注意が必要です。普段の生活の中にあって当たり前のように感じる水道水ですが、日本の水道水は世界有数の安全性を誇る反面ミネラルや残留塩素などが含まれているのが特徴です。

ケラチンで構成される肌や髪は水道水に含まれる塩素によって酸化され、お風呂やシャワーなどで水道水を長期間繰り返して使ううちにダメージを受ける可能性があるとされています。そんな時にはお風呂に設置できる浄水器を使用することで、肌や髪へのダメージを気にすることなく水道水を安心して使えるようになります。お風呂用浄水器には本体を別に設置するものやシャワーヘッドと一体になったものなどもあるので、使用目的や好みに合わせて選ぶことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *