風呂で使用する浄水器とは

浄水器と言うと飲み水を連想する人が多いでしょう。

その理由は、主に、発がん性と言われる物質であるトリハロメタンを体内に取り込むことへの抵抗感と言えるでしょう。水道の蛇口に直接取り付ける形態、ポット式のもの、それ以外にも水道水は飲まずミネラルウォーターを購入するなど、意外と神経質になっています。しかし、設備として、まだ一般的ではありませんが、風呂の水の浄水器が導入されていて、評判が良いと言います。これには根拠があります。

使用感はもちろん、科学的な根拠があります。飲み水から浄水器で取り除かれる発がん性と言われる物質であるトリハロメタンは、熱せられてお湯になると、多く発生し活発化することがわかっています。つまり口から体内に入ると同様に、皮膚から吸収されることへの危険性があると言うことです。浄水により、例えばアトピー皮膚炎を改善させたり、髪の毛の洗い上りが良くなると言った効能があります。肌あたりが非常に優しく、肌にも髪にも優しいお湯になると言われます。

具体的な効能は、残留塩素が軽減でき、発がん性と言われる物質であるトリハロメタンが減りますから、お湯が刺激的でなくなり肌や髪に優しくなります。これで、赤ちゃんや皮膚の弱いご老人の入浴にも安心できます。風呂の浄水器にはシャワーに取り付ける商品を良く見ますが、湯船のお湯自体を浄水する商品もあります。

それ以外にも、コストはかかりますが、風呂だけでなく家全体の水について浄水できるセントラル型もあります。風呂の湯船だけの場合、平均して10万円ほどで設置できるようです。今後、住宅メーカーだけでなく電気工事を請け負う業者などにより普及すると予想されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *