浄水器を風呂で利用するには

毎日の生活を行う中で水道水は多くの場面で使用されており、例えばキッチンで飲料水や調理を行う際や、或いは洗面所やお風呂など幅広い内容で多くの量が使用されています。

水道水には消毒用に残留塩素が添加されていますので、キッチンで使用する際にはカルキ臭を取り除いたり、或いはまろやかな味とする為に浄水器を使用しています。最近ではお風呂用の浄水器を使用される方が増えていまして、これは敏感肌の方であったり、髪の毛の痛みが発生している場合などに残留塩素がダメージを与える可能性が有る方です。お風呂用の浄水器にはシャワーヘッドタイプと据え置きタイプが有りまして、浄水能力や設置方法などが異なりますので特徴を比較検討する事がお勧めとなります。

シャワーヘッドタイプは現在使用しているシャワーヘッドを取り替えるのみで簡単に取付けする事が可能です。そして浄水カートリッジはコンパクトかつ高性能な仕様となっていますので、一定期間にわたり使用を続けて行く事が出来ます。シャワーには原水と浄水のワンタッチ切替が付いていますので、浴室の清掃時には原水を利用する事が可能です。

据え置きタイプでは大容量の浄水能力を持っていますので、シャワーのみならずバスタブに浄水したお湯をためて使用する事が出来ます。そして浄水カートリッジは積算浄水量によって残留塩素の除去率低下が少ない高性能タイプとなっていますので、長い期間にわたり使用する事が可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *