浄水器をお風呂に設置するメリットは?

浄水器というと、飲み水や料理に使う水を美味しくきれいにするために、キッチンの蛇口に付けるのが定番です。

ですが、体が最も多くの水と接することになるのは、湯船につかりシャワーを浴びるお風呂です。そのため、浄水器をお風呂に設置することにもメリットがあります。水道水をそのまま口に入れるのに抵抗感があり浄水器を付けているという人は多くいますが、お風呂の水まで気にしているという人は少なくなります。

日本の水道水は水質基準が厳しく諸外国に比べて安全性が高いと言われていますから、味や臭いが嫌で飲みたくないという人でも、体や髪を洗うために使うのには特に問題を感じないのかもしれません。ですが、水道水には消毒のために使われた塩素が残っていて、これが髪や肌にダメージを与える原因になります。塩素はたんぱく質を酸化させる働きがあり、髪や肌はたんぱく質で構成されているからです。

一回で多くのダメージを受けるわけではありませんが、お風呂は毎日入るという人も多いですから、小さなダメージがずっと続いていくことで髪や肌が痛んでしまう可能性は高くなります。また、水道水に含まれる有害な成分が肌から吸収されるという可能性も存在します。水道水が美容や健康に与える影響は、無視できるほど少ないとは言えないわけです。浄水器は設置すれば簡単にお風呂の水をより安全なものに変えることができるので、手軽に肌や髪に優しい水が使えるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *