肌が弱い人はお風呂にも浄水器を付けよう

1日の疲れをいやす場所としてお風呂は重要な役割を担っていますが、ただ癒やすはずのお風呂に入ることによってある状態に悩まされる人もいます。

その状態というのが肌への刺激であり、この刺激によってかゆみが発生し心身を癒やす場所のはずが不快な場所になってしまうのです。なぜ肌に刺激が起きてしまうのかというと、水の中には塩素が含まれているからです。肌はアルカリ性に属していますが、塩素は酸性に属しています。この性質の違いが、お湯の中に入った時に刺激となってしまいます。

酸性の刺激は敏感肌の人にとっては死活問題で、この影響を続けてしまうと敏感肌から肌のバリアが壊れてアトピーになってしまう場合があるのです。そこでお風呂に入った時に刺激に悩む人は、その解決法の一つとして浄水器を付ける方法があります。お風呂用の浄水器は35度から45度の範囲で使えるように対熱処理を施すだけでなく、大きな湯船にお湯を入れるので大型のフィルターを設置したものです。従来は大規模工事で蛇口に設置するビルドインタイプだけだったのですが、技術の進歩によって据え置きタイプとして後付けでも利用することができるようになっています。

お風呂用の浄水器を使うメリットは、やはり肌へのダメージを軽減してくれる点です。水の中には安全に届けるために加えられている塩素だけでなく、その塩素によって死滅した雑菌も少なからず入っています。

この塩素と死滅した雑菌が肌への刺激となるので、フィルターを通して水を流すことができれば塩素と死滅した雑菌を吸着して肌に優しいお湯となり痒みの影響を抑えてくれるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *