浄水器風呂は肌や髪のトラブル解消に役立ちます

家庭用浄水器と言えば飲料水や炊飯、料理に使うイメージが強いですが、水は飲んだり料理に使用したりするだけではなくシャワーを浴びたり入浴したりなどボディケアに使うことも多いです。

そのためキッチンに取り付けるだけでなく、お風呂に設置すると色々なメリットを享受することができます。水道水は肌や髪に負担をかける可能性があるので肌荒れや髪の毛のダメージが気になる人におすすめで、美容や健康の維持に役立ちます。肌トラブルに悩みを抱えている人は水道水を使ったケアには注意が必要で、思わぬトラブルを引き起こす可能性が高いです。

水道水にはミネラル分のほか消毒のための塩素が含まれているので、肌や髪に悪影響を与えます。日本では水源から蛇口に至るまでの水を常に監視していて水質基準をクリアした安全な水道水のみが各家庭に供給されているので、海外諸国と比べると安全性は高いです。しかし水道水にはカルシウムやマグネシウム、ナトリウムやカリウムなどのミネラル分のほかに残留塩素が含まれているので、髪や肌を傷める可能性があります。

髪や肌が傷む原因は紫外線や乾燥など色々ありますが、シャワーの水に含まれる塩素が原因となっているケースも少なくありません。ケラチンと呼ばれるたんぱく質によって構成されている髪や肌は塩素に弱いので、繰り返し水道水を使用し続けるとダメージを与えてしまう可能性が大きいです。頭皮が荒れて健康な髪が育ちにくくなったり、髪のキューティクルがはがれてパサつきやきしみに悩まされるようになることもあります。

浄水器はキッチンだけでなく風呂場にも取り付けることができ、設置すると塩素によるニオイやダメージを気にせずに髪や体を洗うことができます。普段抜け毛や切れ毛、枝毛やぱさつきなどが気になっている人はシャンプーを見直すと同時に、お風呂場に浄水器を取り付けて髪をいたわりましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *