浄水器でお風呂の水が肌や髪に与える影響を抑える

浄水器を家庭で設置する場合、キッチンの水道に取り付けて飲料水に使うことが一般的です。

しかし、水道水は飲み水や料理に使う水としてだけではなく、お風呂で体や髪を洗うときにも使われるものです。味や臭いの問題から水道水をそのまま飲むことは嫌だと感じ浄水器を使っている人が多い一方で、体を洗うために使うことを気にする人は少ないのですが、実は水道水は肌や髪に無視できない影響を与えている可能性があります。

日本の水道水は水質基準が厳しいので世界的に見ても安全性が高いと言われていますが、消毒のための塩素が残留しているという問題があります。この残留塩素はたんぱく質を酸化させる働きがあるため、たんぱく質で構成されている髪や肌にダメージを与えることがあるのです。

もちろん一回水道水を使用しただけで大きな影響が出ることはありませんが、毎日お風呂に入って水道水を使い続けていれば、小さなダメージが蓄積されていき影響が出やすくなってしまいます。塩素によってダメージを受けると、髪はパサついて抜け毛や切れ毛が気になることが増えますし、肌はカサカサしてバリア機能の低下などにより肌トラブルが起きやすくなると考えられます。もし現在そういった悩みを感じていて、紫外線対策や乾燥対策をしているのに効果が出ないのであれば、お風呂に浄水器を設置して塩素を除去した刺激の少ない水を使用することにより、肌や髪の悩みを改善できる可能性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *