自宅に合う浄水器の選び方

自宅でこれからキッチンアイテムを揃えていこうと考える時、ホームセンターや家電量販店で様々な商品を選ぶことになります。

中でも考えてしまうのが食器洗浄機や浄水器で、より良い環境を整えるために、じっくりと選びたいと考えている人も多いです。特に浄水器の選び方を間違えてしまうと、場合によっては全く使えなくなってしまうこともあるので注意しなければなりません。浄水器はフィルターを活性炭などで構成しており、ろ過して水道水などを浄化して飲水などに活用することができます。種類は非常に豊富で、選び方は多岐にわたるといっていいでしょう。

設置する方法やタイプを考えておかないと、自宅に設置する際に苦労してしまうことがあります。設置方法は蛇口に直結する方法やアンダーシンクタイプ、そして据え置き型があります。それぞれメリットとデメリットがあるので、わからない時にはしっかりと調べておくようにしましょう。蛇口に直結するタイプは蛇口の先端に取り付けられるようになっており、シンク周辺に設置する際にスペースを全く取らないのがメリットとなっています。

しかしフィルターとなるカートリッジのサイズが小さい商品が多いので、選び方を間違えてしまうと交換する回数が多くなって大変です。据え置き型はキッチンシンクなどに設置して活用しますが、大型が多いのでろ過する力が強いです。しかし場所を取るので、設置する時にはキッチンのレイアウトを考える必要があります。そしてアンダーシンクタイプはキッチンの下へ設置するので場所を取らず、ろ過する力が強いです。しかし取付工事が必要なので、コストや時間が必要となるので注意しなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *