自分に合った浄水器の選び方

美味しい水を飲みたい、水道水より安全な水を飲みたいというニーズを叶えるのが浄水器です。

一口に浄水器と言っても様々な種類の製品が販売されている為、自分に合った製品の選び方が重要となります。どの浄水器でも基本的な仕組みは同じで、水道水をフィルターに通して不純物を取り除く事です。どんな種類のフィルターに、水道水をどの程度の勢いで通すかで除去能力が変わり、そのチェックポイントとしてろ過流量があります。ろ過流量とは一定時間にどのぐらいの量を水を通すかです。少ない水の量を流した方が浄水能力が高くなります。重要となるのがフィルターの素材です。

活性炭、中空糸膜、セラミック、逆浸透膜の4種類があり、それぞれに特徴があります。活性炭が最も多く使用されており、カルキ臭やカビ臭、残留塩素などを除去します。他のろ過方式を組み合わされたものが多いです。中空糸膜はカビ、鉄サビ、一般細菌などを除去しますが、詰まりやすい性質を持ちます。セラミックは中空糸膜と同程度の性能ですが、耐熱性や薬品に強い反面、目詰まりを起こしやすいのが特徴です。

逆浸透膜は分子レベルの不純物まで除去できる最高の性能ですが、水のミネラルも除去してしまいます。どこまで水をきれいにするかでも選び方が変わります。形状でも選び方が変わります。手軽で最も使われれ蛇口に取り付ける蛇口直結型、シンクトップに置く据え置き型、シンクしたにカートリッジを置くアンダーシンク型、持ち運び便利で使いやすいポット型、カートリッジの寿命が長いサーバー型などがあり、それぞれ大きさ、費用、カートリッジの寿命が異なります。それぞれを調べる事で自分に必要な浄水器を選ぶ事ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *