浄水器を性能で決める時の選び方

キッチンに設置する浄水器の選び方を考えていく中で、性能で判断する人もいます。

綺麗な水を常に快適に飲んでいきたいと考えた時に、浄水器の選び方で性能から考えていく人も少なくありません。性能で多くの人がチェックするポイントとして、水をろ過するために使うろ材から判断しているケースが多いです。ろ材は大別して3つに分かれるので、材料や仕組みを把握するようにしましょう。最初に活性炭を利用している浄水器がありますが、細かく無数の穴を開けてろ過しています。炭素を成分にしていますが、水に含まれた塩素やカルキ臭をろ過して取り除いていきます。

これで綺麗な水をのむことができますが、商品の中には特殊加工をしているものもあります。例えば活性炭にくっついた雑菌などが繁殖しないように、銀などの抗菌処理剤を施していることがあります。選び方として安すぎると抗菌処理剤が利用されていないので、吸着期間がどうしても短くなってフィルターを何度も交換しなければなりません。活性炭とろ過膜式を合わせているケースもありますが、これは目に見えない大きさの無数の穴によってろ過していきます。

ユーザに対して最も多いタイプですが、選び方としては穴の大きさをチェックします。最大口径以上に最小口径をチェックすることが重要なので、あらかじめ確認しましょう。最小口径のサイズが小さければ、有害細菌をフィルターがより通らないようになっています。最後にRO膜を使ったものですが、水分子だけ通すように膜に対して圧力をかけていき、純粋な水を作れるように構成されています。細菌をフィルタリングで除外できるのは嬉しいですが、時間がかかるのがデメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *