自分にあった浄水器の選び方

一見綺麗な水道水ですがカルキや塩素などが含まれており、変なニオイや味が苦手でミネラルウォーターを購入しているという人も少なくないのが現状です。

しかし、いちいちミネラルウォーターを購入する手間を省きたいという人もいると思います。そんな人には、水を綺麗にしてくれる浄水器がオススメです。しかし、一言で浄水器といっても様々なタイプがあります。人によって選び方は変わってくるため、特徴を覚えておくと便利です。選び方の基準は人それぞれになります。簡単に取り付けられるか、価格や浄水機能、種類はどんなものがあるかを知ることが選び方のポイントとなります。

浄水器の種類は大きく分けて、蛇口直結型、据え置き型、アンダーシンク型、サーバー型、ポット型に分けられます。蛇口直結型は蛇口に直接取り付けられるタイプで、手軽で安価な反面ろ過流量が少なく、カートリッジの寿命が短いのが特徴です。据え置き型は水栓に取り付けるタイプで、使い勝手が良くろ過能力とろ過流量も高いのですが、シンクに設置する必要があるためシンクが狭くなります。

アンダーシンク型は、シンクの下に設置するタイプです。ろ過能力とろ過流量が高く、シンクがすっきりしますが、その分価格が高くなっています。サーバー型は水道直結タイプの自動給水サーバーです。いつでも冷水・温水が使えるようになりますが、置き場所が必要です。ポット型は、水を入れるだけで浄化できるタイプです。持ち運びが便利で使い方が簡単ですが、浄化能力が高くないのがデメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *