浄水器の選択肢には据え置き型もメリットは豊富です

浄水器は購入費とフィルター代が掛かるものの、ランニングコストに優れた機種として利用できます。

使う水が枯渇してしまうことは無いので、いつでも綺麗な水を使用できることにメリットがあります。既に導入している方でも、これから導入を検討している方も、購入に際しては選択肢があり、蛇口に取り付ける直結型と据え置き型に分けることができます。

選択肢で迷ってしまった際には、お値段やメーカー、性能やコストで選ぶことが基準になることが多いものですが、浄水器選びでは据え置き型に注目してみると、沢山のメリットを知ることがでるのではないでしょうか。勿論コンパクト設計の直結型も便利に使えますが、据え置き型の浄水器は利用できる水量が多いこと、フィルター部分が大きなサイズで作られているので、コンパクト型よりも性能が高いこともあげられます。

取り付け方法は直結型の場合は、そのまま既存の蛇口の先端に固定する方法ですが、据え置き型はアダプターを蛇口に取り付けて、アダプターから分岐させて使用する方法です。この時点でもメリットを感じることができ、元々の蛇口からは整水をそのまま使うことができ、本体に設置されている蛇口からは綺麗な水を使い分けられることです。

例えば食器洗いなどをする際には、整水でそのまま使うことができ、手洗いでも同様です。使い分けを行えることにより、フィルターの寿命を長くすることができるので、本体価格が少し高めではありますが、長い期間にわたって使い続けるとコストの面でもメリットを感じられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *