税理士転職は、一般的なサラリーマンと違って専門職という事もあります。決して難しい事ではありませんが、他の仕事と同じく税理士転職においても、需要先が多い所を選んだ方が勝算が高いことは言うまでもありません。(※条件が良い税理士転職も需要が多いならば、当然期待も出来ます。)現在まで、税理士の資格試験の難度が上がる等の事態で成り手が減ったという事もなく、微増傾向が多少ある程度なので資格全体としては安定した需要が続いている事もポイントです。

そんな中、主な転職先としては「Big4税理士法人」と「大手~中小までの税理士法人や会計事務所」、そして「一般的な会社や金融機関」等がメジャーと言えます。そして、現在では、世界的に有名な4つの法人ことBig4税理士法人は、卓越した技量や実績がある税理士を除くと多少採用控えが見られ、大手から中小まではおおむね良好な採用事情になっています。ただ、一般的な会社だったり、金融機関の方は管理部門の方に的を絞ってみると、求人は厳しい気配があると思って下さい。欠員募集等のケースを除くと、転職難度は相応に高いです。

後は会計コンサルティングファームの方は、企業再生等の分野に関しては需要が相当に高いという事も知っておくべきポイントになります。昨今のコロナ騒動において、経営を健全化したいというのは多くの企業の喫緊の課題であり、専門職である税理士は結果として引く手数多になっている模様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です