税理士転職は、今の職場に何らかの不満があるからするというケースがほとんどです。そのため転職を検討しているのであれば、最初に今の職場への不満を整理することが大切です。そのうえで、不満を解消するのに適した職場を探していくようにしましょう。では実際に税理士転職をする場合、どのような点に注意したらいいのでしょうか。

転職先の求人でチェックするべき点の1つが、給料や残業代などの報酬に問題がないかという点です。今より高い給料の職場を希望する税理士は多くいます。しかし表面的な給料だけで昇給のチャンスなどを見逃し、給料面で不満の残る転職になる場合も見られます。初任給だけではなく、昇給のチャンスやボーナスも含めて転職先の報酬を確認しましょう。

また税理士転職では、自分の状況に合わせてどのような職場がいいか検討することも大切です。やりがいを求めて転職を希望する方もいれば、新規プロジェクトに関わるような働き方をしたい方もいます。働き方にこだわりがあるなら、人材を募集している理由に注目して転職先を探すのも1つの手です。欠員が出たもしくは事業拡大など募集理由が記載されていることもあるので、理由に注目して自分に合った働き方ができそうな環境を選ぶことが大切です。

満足度の高い税理士転職のためには、複数の求人を比較することも欠かせません。比較することで給料や勤務時間などの条件を確認し、自分に合った働き方ができる環境を見つけやすくなります。求人で不明な点があれば、面接などの際に質問しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です