国税庁の公表によると、ここ数年の税理士の登録者数は微増しています。それに対して、税理士試験の受験者数は減少傾向です。税理士の主な転職先である税理士法人は増加傾向にあり、クライアントとなる法人数は横ばいです。税理士、就職先、クライアントの数に大きな変化はなく、税理士転職は安定しているといえます。

消費税の改正など税金に関する法令の改正があれば需要は高まります。仮に、社会的な影響の大きい不測の事態が起こったとしても、今度は助成金の申請などの需要があります。税理士の仕事は労働集約型のため、1人で業務を遂行できる経験者は働く場所に左右されず税理士転職に有利です。税理士転職の際の転職先は、税理士法人や会計事務所だけでなく会計コンサルティングファームや一般企業、金融機関などで幅広い採用が行われています。

大手税理士法人に転職できれば経験を積むことができるし、中小の税理士法人や会計事務所ならクライアントに寄り添った仕事ができます。会計コンサルティングファームならより高い専門性を持った仕事ができ、税務以外でも幅広く事業者の支援が可能です。子供ができるなどプライベートな状況の変化で残業を減らしたいなどの希望があれば、一般企業の経理として働く道もあります。会計業務から経理業務へと職種が変化しても、会計システムが同じ場合などもあり比較的スムーズに転職できます。

税理士なら、自分のキャリアプランや働き方を考慮して転職することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です