コロナ禍による景気の落ち込みがあっても税理士の転職市場は売り手市場であり、まだまだ好調であり求人数は減っていないので安心です。税理士の登録者は微増傾向ですが、受験者はやや減少しているのでそれほど税理士転職市場に変化はなくまた雇用先である税理士法人の数も増加しています。また税理士法人のクライアントになる新設法人数も前年と比較しても横ばい状態なので、廃業や倒産した企業がある一方起業も増えているので大丈夫です。それに税理士の仕事は税金に関する大きな法令改正があれば、さまざまな企業が対応を迫られるとともに税理士の需要も増えていきます。

そのため企業の売上が減ったとしても税務という仕事がなくなるわけではなく、反対に新型コロナウイルス感染症対策や助成申請などの業務もあります。さらに税理士転職の場合はスキルや経験が重視される傾向があるので、経験者の場合は経験者であれば1人で業務を遂行することもできるのでリモートワークも可能です。税理士転職市場は減少しているわけではないので、転職先は税理士法人や会計事務所だけでなく会計コンサルティングファームや一般事業会社、金融機関なども採用しています。巨大税理法人では世界情勢の影響を受けていても、一定レベル以上のスキルや能力がある経験者であれば採用される可能性があるのでチャレンジすることです。

それと大手税理士法人は未経験者を含めて、税理士科目合格者の採用に積極的なので問題ないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です