異業種からの転職にはたくさんのメリットがあります。転職することは、これまでのスキルや経験を水に捨てるようなものだと感じる人もいます。たとえば教育関係の仕事をしてきた人が、トラックドライバーになるならどうでしょうか。必要な知識は全く異なります。

それまでの教師としての経験は何の役に立たないと言えますか。実はそうではありません。教育には高いコミュニケーション能力が必要であり、膨大な事務仕事を効率よく果たすことが関係しています。トラックドライバーにもそのスキルは役に立ちます。

税理士転職も同様であり、それまでの経験は多いに役に立ちます。税理士として未経験だからといって、遠慮する必要はありません。では、税理士転職にはどのようなステップがありますか。税理士として働くには専門知識とライセンスが必要です。

ライセンスがないのに、税理士としての業務を行うことは違法です。ランセンスを取得したなら、税理士事務所で働きます。経験を積むにつれてスキルも上がります。税理士転職は容易な道ではありませんが、年齢が行っても働ける仕事の一つです。

資格の中には、あまり年齢が行くと現場で働けないものがあります。試験に合格して実際にどれほど働けるかを良く計算する必要があります。もちろんいくつになっても勉強したり、資格を取ったりするのは良いことです。税理士転職を成功させるためには明確なイメージが必要です。

途中で挫折しないようにがんばりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です