税金はビジネスをするうえでも悩みやすいところ、その手助けをして解決へ導いてくれるのが税理士です。資格を武器に会計業界での税理士転職を考え始めたら、どのような流れで転職をするべきかを知っておくとスムーズになります。あらゆる職種があり転職をしようとなると、スタートから内定までには大体3ヵ月ほどが良くあるパターンです。特に資格を持たない場合この期間を目安としますが、有資格者となる税理士転職の場合は少しだけ違います。

それは資格を持っているからこそ、有資格者にとって都合の良い求人が年間を通して多数出ているためです。その中でも特に求人情報がさらに増加をする時期がありますので、さらに転職活動はスムーズに流れていきます。1年間いつでも会計業界の求人はありますが、特に会計事務所及び税理士法人を狙うなら猛暑の真っただ中となる8月から少しだけ秋の気配も感じ始める9月です。12月あたりも狙い目になりますが、この時期には税理士試験合格発表があることも影響をしています。

この業界の繁忙期と言えば言わずとしれた年明け少したってから3月まで、3月に決算をする法人の申告や確定申告などが集中する時期ですから忙しいのは当然です。また繁忙期が過ぎたらすっかり暇になるというわけではなく、4月から6月あたりも税理士転職の求人は増えます。ちなみに監査法人を考えているなら11月がベスト、理由はこの月に公認会計士試験の合格発表がされるためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です