後悔の少ない税理士転職にするためには、どのような点に気をつけたらいいのでしょうか。まず気をつけるべきポイントとしてあげられるのが、安心して働ける職場か確認するという点です。求人票には風通しの良い職場と書かれていても、実際には人間関係が微妙なケースも見られます。良い人間関係が築かれていそうか知るために、税理士転職では面接の際によく観察をすることが欠かせません。

面接時に税理士事務所の所長の対応が微妙だと感じたら、風通しの悪い職場の可能性もあるので注意しましょう。またより良い環境で働くためには、転職で給料の確認も欠かせません。希望している仕事ができるなら、給料は関係ないと考えて転職をする方も多くいます。しかし最初はやりたいことができればいいと考えていても、長く働くにつれて給料面での不満が出てくることもあります。

後から不満が出て税理士転職を後悔することを防ぐためにも、最初に給料面の条件で問題がない職場か確認することが大切です。業界で自分がもらえる給料の相場と比較して、問題のないところに応募するようにしましょう。ほかにも安心して働ける税理士転職を目指しているなら、年齢構成をチェックするのも1つの手です。幅広い年齢の方が勤務している環境は、人材育成がうまくいっていて長く安心して務められる可能性が高くなります。

特に30代や40代がほとんどいない場合には、中堅層が育たず定着しない環境で何らかの問題がある場合もあるため注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です