税理士転職にも様々な理由がありますが、待遇面への不満はやはり多いようです。仕事量に対して給与が安すぎるとか、休暇を思うように取れないといったことが不満につながります。仕事柄繁忙期はありますが、常に忙しい職場は仕事量のコントロールが上手くできていませんので、上に立つ人が変わらない限りはその傾向は続くでしょう。給与面の安さに関しては社内の規定があり、その規定の見直しが必須です。

それも所長が見直すつもりがないと実践できないことですので、不満を持っていて伝えることができても、変わるとは言い切れません。我慢するくらいなら転職活動をしようと考える場合、年齢的に需要があるのかも考慮することが大切です。仕事がつまらないという理由で税理士転職を行う人もいます。つまらない場合には、もっと興味を持てる分野に携われるような職場に移動したり、幅広い仕事を任せてもらえるような所を選ぶことが重要です。

現在の仕事でどのような部分に不満を持っているのかを考えると、おのずと答えが見えてきます。ただ単につまらないというだけでは税理士転職を成功させることができませんので、より具体的に不安に感じている部分を整理してみましょう。キャリアアップできないという悩みを抱えて転職を考えている時には、社内での調整が可能かを先に考えます。同じような仕事しか回ってこないために難しいと判断したら、様々な仕事に携われる事務所を探すことになります。

希望の職場を探す際にはエージェントが有効であり、募集背景まで熟知していますのでそれぞれに見合った職場を紹介してくれるのがメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です