志望動機は転職者がどのようなことを考えて入社を希望するのかを知る上でとても重要であり、税理士転職でもそれは同じです。志望動機があいまいな人は応募する事務所にそれほど関心がなく、ただ単に条件に合致したから応募したと思われても仕方がありません。売り手市場の時にはそれでも良いのですが、買い手市場になった時には競争相手が増えるわけですから、そのままではうまくいかなくなり、活動方法の軌道修正を迫られます。理想の転職をかなえるためにも、なぜその事務所を希望しているのかを明確にすることが大切です。

税理士転職では、事務所ごとの姿勢を見ることがとても重要です。希望しているような環境が得られるのかを調べるために、面接前にリサーチする人もいます。科目合格者で、今後も勉強を続けていきたいのなら、仕事量のバランスが良くて残業が少ないところがベストですので、仕事量をコントロールできる職場であるかを確かめなければなりません。すでに有資格者であっても、ライフワークバランスを重視する場合には、多様な働き方が求められるところを探すことになります。

専門的な知識や資格を求められる税理士転職ですから、当然条件面を重視するケースもあります。条件面を重視する場合、最低ラインとしてクリアしておきたい給与額を提示し、その条件に合致できるかを確認するのが先決です。いくらそのほかの条件面で問題がなくても、最終的には給与の問題をクリアできないと決められません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です