税理士転職でも、経験者や有資格者は重宝されます。ですから、ある程度のレベルがあれば転職をするのも大変ではありません。引く手あまたで応募をしたところ全てに合格する人もいますが、選べる立場であっても慎重に選択しないと後悔する可能性があります。求人票を見るだけではわからないことも多いのですが、やはり税理士転職では、事務所の雰囲気を調べることがとても重要です。

恵まれた環境のように思える職場であっても、内部ではスタッフ同士が協力し合うことなく殺伐としているところも存在しますし、所長の機嫌一つでルールが変わってしまうこともあります。慎重に税理士転職を始めるために、希望する事務所が見つかったら募集の背景を探るのが良さそうです。募集の背景を調べていくうちに、それぞれのカラーが見えてきます。常に多くの仕事を抱えていて人材不足に陥っているとか、定着率が低いために仕事をこなしきれないといったように、事務所ごとの問題点が分かります。

それらの結果から、働きやすい職場なのかも判別できますので、億劫がらずに必ず調べておきたいところです。万が一情報を収集しても募集の背景が見えてこない時には、面接を受けた時に聞いてみるのも一つの方法です。面接時には、あまり踏み込んだ質問をすると嫌がられるのではないかと不安に思うかもしれませんが、今後を左右する大事な場ですので、不明点や不安なところは無くしておかなければなりません。明確な条件を提示してもらい、環境面においても問題がないことを確かめてから結論を出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です