税理士転職では、避けた方が良い事務所を覚えておかなければなりません。一見すると良い環境で条件的にも問題がないように思えても、詳しく調べてみると働きにくい職場だということが分かるケースもあります。例えば、常に所長の顔色をうかがいながらでないと仕事ができないような職場はNGです。新しい職場に入る時にはそれだけで多少のストレスを感じるものですが、その上所長の機嫌の心配をしなければなりませんので、大きなストレスを抱えてパンクしてしまう可能性もあります。

そのような職場は税理士転職で避けなければなりませんので、受ける前のチェックを怠らないようにしましょう。問題なく続けていけるところなのかを知るためには、希望する税理士事務所のことを詳しく調べる必要があります。ホームページ等で雰囲気を確かめるのも良いですし、ある程度の規模のところなら口コミサイトに載っていることもあります。求人表を見る時には、募集を行った背景まで調べると失敗しません。

背景を調べてみると、職場内の環境に問題があって定着率が非常に低いことが分かるケースも存在し、そのようなところへの税理士転職では入る前から成功しにくいことが分かります。報酬面に関しても、何となくで合意をしてはいけません。詳細まで詰めて、不明点があればしっかりと確認する姿勢を持つことが大切です。曖昧な条件でのんでしまうと、今後もそれほど気にしない人物だととらえられてしまい、大事な情報を伝えられないまま決定されてしまうことさえあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です