税理士転職を成功させるためには、綿密な計画を立てなければなりません。まずは税理士転職を開始する時期ですが、未経験者の場合には繁忙期は避けた方が無難です。繁忙期に欲する人材は経験者が多いですし、求められるスキルも高い傾向にありますので、多少の経験があると言う程度では内定を勝ち取れません。スキルが高くて一人で仕事をこなせる人は、繁忙期を狙うとスムーズに決まることが多いようです。

反対に未経験者でスキルを持たない人は、閑散期に活動をするのが良いとされています。閑散期は一般的に6月以降であり、その前までは会社の決算期にあたるため、新しい人を採用している余裕がありません。経験者であっても、良い条件で税理士転職を成功させるためには、客観的に判断できる資格を取得しておくのがお勧めです。資格は評価の直結する部分であり、未経験者も科目合格しておくと有利に進められます。

同じような未経験者が集まってきた場合、その中で一科目だけでも合格している人がいると評価が高くなります。一科目だけでも簡単ではありませんが、時間があれば取得のチャンスがありますので、事前の準備を怠らないようにしましょう。未経験者で若手の場合には、ポテンシャルが採用時に見られる一番のポイントになることもあります。やる気や熱意を見せることが重要であり、税理士として活躍するために今現在努力していることをアピールすると、採用する側に入りたいという意思が伝わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です