会計士転職を考えるタイミングは一般的に修了考査に合格した後、シニア・マネージャーに昇格した後・キャリアに不安を感じたときや労働環境が辛いと感じた時です。会計士として価値がピークになるのは監査法人4年目から8年目で、主査やマネージメントを経験する20代後半から30代中盤で、この時に一番需要が高まります。会計士転職の活動を始めるタイミングは辞めたくなった時で、転職活動はまずはエージェントへの登録から行いますが登録したから、すぐに転職をしないといけないわけでもないです。ただ、登録を後にすると段々と面倒になってきて転職をするタイミングを無くします。

会計士転職を考えるときに、次の就職先を決める前にキャリアプランを考えることも大事で20代から30代ならたくさんの企業から内定が来ますがその職場は正しいかどうかはわかりません。今どこへ就職先を決めるかも大事ですが、将来はどうなりたいかを考えることはもっと重要です。会計士は平均で3回から5回は転職をすると言われていて、長期的なキャリアプランを考えてからゴールから逆算した職場を選ばないといけません。キャリアプランはプロのアドバイザーが相談すればアドバイスをしてくれます。

将来独立を考えているならそれを考えたスキルアップも欠かせず、その場合は会計事務所・国内系FAS・ベンチャーCFOがおすすめです。会計事務所は将来の自分の働き方が見られて、独立したときには銀行との接点も欠かせません。これは独立してからクライアントを紹介してもらえるパイプが出来ること、助成金コンサル・資金調達などに携われること・税理士を登録すると所属の税理士会からクライアントの紹介がありますがそれでは生活は出来ません。そこで銀行担当者との接点も必要で、会計・税務以外に資金調達や助成金周りの知識も独立後のサービスに出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です