会計士転職を目指す人というのは、おそらくとても上昇志向の強い人でしょう。公認会計士といえば、弁護士と肩を並べるほどの超難関資格と言われています。そのような資格を取得した、もしくはこれから取得しようとしている人は勉強熱心であり、将来は自分の事務所を構えて一国一城の主になってやろうと考えるような人が多いのではないでしょうか。そのような大志を抱いて、この会計士業界に飛び込むのはたいへん結構なことですが、やはり理想と現実は違うことも多く、いざ会計士転職してみたら、思ったような仕事ができない、ということが少なくありません。

記帳代行のような地味な仕事をずっとやらされていて、自分の成長を感じられないと不満を抱くことも多いです。職場の環境が合わないということもよくあります。とくに公認会計士や税理士、弁護士などのいわゆる士業という業界にいる人々は、一般庶民とはちょっと違うような性格の方が少なくありません。異常に厳格で神経質だったり、お高くとまっていたりすることもよくあります。

職場の雰囲気に馴染めずに、早期退職に追い込まれるケースはよくあります。会計士転職で失敗しないためには、事前によく就職先候補のことを調べる必要があるのですが、個人で情報収集するのはなかなか難しいのが実態です。おすすめなのは、会計士転職専門のエージェントサービスを利用することです。このサービスでは、転職コンサルタントが転職先の内部事情などを詳しく把握していることが多く、求職者の意向を汲んで最適なところを紹介してくれるので失敗しにくいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です