理想的な会計士転職を実現するために、失敗した人達の経験談に目を通すことも悪くありません。よくあるのが繁忙期に経験の少ない人が転職してしまうケースであり、一般的には会計事務所では12月から4月の間がとても忙しくなります。この時期は人手が足りなくなりますので募集数も増えますし、一般企業では動きやすいタイミングですので、ちょうど良い時期だからと応募してしまうことがあります。しかし、経験が浅かったり合格したばかりの人にとって、繁忙期は厳しい環境になるためお勧めできません。

しかも、周囲は新しく入った人に教えなければならないため、負担をかけてしまう恐れもあります。現在勤めているところが忙しすぎて、会計士転職を決意しているのになかなか動けないケースもあります。忙しすぎて面接に呼ばれても対応できないような場合には、思い切って休暇を取るか先に辞めてしまうのも一つの方法です。多忙な人は判断力も鈍りますので、思い描いていたような会計士転職にならない可能性もあります。

できればゆっくりと考えられるような環境を整えて臨みたいところです。面接では好感触を得ていたのに、実際に入社してみたら理想とは違っていたというケースも少なくありません。人材を確保したい採用側は良いことばかりを並べる傾向にあり、その言葉を全て鵜呑みにすると後悔することがあります。ミスマッチが分かってもすぐに転職活動を再開するのは難しいので、最初からミスマッチにならないように見極める努力をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です