会計士転職で失敗しないために、新しい職場を探すときは、年収や残業時間の他に「離職率」を見ておくことがとても重要になります。多くの人が働きやすいと感じる職場であれば、離職率も必ず下がりますし、ワークライフバランスを考えるのであれば絶対に見ておくことが必要です。気になった職場の離職率が高い場合は、その理由をエージェントなどに聞いてみましょう。また、中小企業は研修や教育制度が整っていなかったり、残業にバラつきが多い、業務が幅広くなるといったデメリットがあり、一人の社員に業務の負担が多くなる可能性があります。

小規模な会計事務所に会計士転職を考えている場合は、記帳代行や会計コンサル、監査などの関与するサービスが多くなってしまいます。会計コンサルだけなどに注力することができなくなってしまうので、身に付けたいスキルが限定的で明確ならば、大手で特化された職場に従事するほうが良いと言えます。会計士転職活動を始めてから、転職するまでには業界研究や企業研究、求人収集などやるべきことがたくさんあり、時間がかかってしまいます。情報収集不足により転職した場合は、後悔することになる可能性が高いので、早めに動き始めて転職の時期を見極めることも大切です。

早い段階から求人を継続的に入手し、閲覧しておくことで気持ちに余裕が生まれ、良い求人の目利きもできるようになります。転職に対するモチベーションが高いうちに、情報収集をしておくことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です