公認会計士転職を狙っている方は、今後のキャリアについても慎重に検討する必要があります。会計といっても、転職先は幅広くなるためにどの分野で活躍するかをまず絞る必要があります。例えばМ&Aという、財務や株価算定を行う仕事もあり会計士のスキルが必要といわれています。また、企業への顧問会計士転職をすることもおすすめです。

経営に関する意思決定者として助言することにより、企業を大きく伸ばすことができるというスキルを最大限に活かした華やかな仕事です。監査法人アドバイザリーという、被監査証明業務であるリスク管理などを行う業務もあります。これはとてもニーズが高い仕事であるので、会計士転職の時も就職先として多い業種といえそうです。会計士事務所に勤務するのも一つの道です。

法人や個人事業主の代わりに、決算書類を作成し税務申告を行う仕事です。こちらはいわゆる一般的な会計士のイメージでしょうが、近年は企業でパソコン管理することが増えたことから、以前ほどの需要は無くなりだいぶ仕事が減ってきているという計算も出ています。しかしすぐになくなることはなく、会計事務所自体もITを導入することにより、仕事の効率が劇的に上がっています。そのために、一つの仕事にかける時間が短くないり、その分お金をかけることもできるのが魅力といえそうです。

また企業に勤める場合は、務める企業の規模でも待遇が変わってきます。やはり、大手企業に勤めるのが一番固いところといえそうです。会計士転職のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です