タイトルにあります「会計士」とは、国家資格が必要な公認会計士のことを意味します。この資格を取得した後に会計や監査などに必要な知識をさらに身につけるため、監査法人(公認会計士が5人以上集まって設立した法人)などで実務を経験する必要があり、時間は5年ほどかかるかと思われます。ですので資格がなく独学でゼロから学ぶ場合は専門のノウハウを持っている学校などへ通う方が、幅広い分野の知識が必要ながらピンポイントで覚えるべきことを学べ、知識の定着ができているかどうかなども定期的に確認してもらえるため会計士転職への近道となります。専門の講師の教えを聞くことで不足している分野がないか、漏れや抜けている事柄がないかのアドバイスを得ることは大切です。

なぜならば、ほとんどの公認会計士資格の合格者は24歳以下の経済・商業学科系の大学生で合格者の約47%を占めており、その次が29歳以下となっていることから全く違う職種の方が仕事をしながら合格を目指すことは、かなりの難問であり40歳以上の合格者は既に会計実務に関わっていたり大学教授などの特殊なケースの方が多いからです。会計士転職の一般的な候補は、先ほど申し上げました監査法人が9割で勤務エリアはクライアントの本社が集中する東京・名古屋・大阪などの大都市圏が中心となっています。しかし会計士転職の場合、公認会計士論文試験合格者が対象となるため新卒採用という概念はないため、転職活動後の合格発表から内定まで2週間程で決まるので資格を取得したらすぐに転職活動をすることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です