現在勤めている事務所が忙しすぎてプライベートな時間を十分に確保できなかったり、深夜業務や休日出勤によって心身が疲弊しているというケースでは、ワークライフバランスを見直すために会計士転職を決意することがあります。同じような仕事をするのですからどこに行っても状況は変わらないのではないかと考える人もいますが、実際には抱える仕事の量や質は事務所によって大きな差があり、楽に仕事ができると感じられるような事務所もたくさんあります。忙しすぎて少しでも楽に過ごせるようになりたいのなら、やはり負担の少ない事務所に移るのが得策です。一般的に仕事のボリュームが少なくて楽だと言われる会計士転職は、仕訳入力や給与計算、書類作成がメインになります。

仕訳入力は会計事務所の基本作業であり、クライアントの難易度による差もありますが、いずれにしても大きな負担になることはありません。書類作成も慣れないうちに戸惑うことはあっても大変ではありませんし、給与計算はソフトがほとんど行ってくれるためにとても楽です。期日前にしっかりと作業をすれば、慌てることもなくスムーズにこなせます。決算時の申告書類の作成や確定申告に関しては、少し負荷がかかりますので、多くの案件をこなす事務所に入ると人員数によっては負担に感じます。

応募する事務所の仕事のバランスがどのようになっているのかを知ることができれば、理想の環境での会計士転職を叶えられるので、リサーチが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です